• 基本的なオイル分析

    推奨油圧作動液:鉱物油、合成油、エステル系フルード、その他様々なフルード。

     

    テスト:

    - 顕微鏡による汚染分析
     - 粒子分布測定
     - 水分含有量
     - 導電性

  • 高度なオイル分析

    推奨油圧作動液:鉱物油、合成油、エステル系フルード、その他様々なフルード。

     

    テスト:
     - 顕微鏡による汚染分析
     - 粒子分布測定
     - 水分含有量
     - 40℃および100℃における粘度
     - ICP分析(元素分析)
     - 導電性

  • プレミアムオイル分析

    推奨油圧作動液:鉱物油、エステル系フルード、その他様々な特殊フルード。

     

    テスト:
     - 顕微鏡による汚染分析
     - 粒子分布測定
     - 水分含有量
     - 40℃および100℃における粘度
     - ICP分析(元素分析)
     - MPC分析(ワニス分析)

    - TAN(全酸価)の分析

    - 導電性

  • 基本的なオイル分析

    推奨油圧作動液:鉱物油、合成油、エステル系フルード、その他様々なフルード。

     

    テスト:

    - 顕微鏡による汚染分析
     - 粒子分布測定
     - 水分含有量
     - 導電性

  • 高度なオイル分析

    推奨油圧作動液:鉱物油、合成油、エステル系フルード、その他様々なフルード。

     

    テスト:
     - 顕微鏡による汚染分析
     - 粒子分布測定
     - 水分含有量
     - 40℃および100℃における粘度
     - ICP分析(元素分析)
     - 導電性

  • プレミアムオイル分析

    推奨油圧作動液:鉱物油、エステル系フルード、その他様々な特殊フルード。

     

    テスト:
     - 顕微鏡による汚染分析
     - 粒子分布測定
     - 水分含有量
     - 40℃および100℃における粘度
     - ICP分析(元素分析)
     - MPC分析(ワニス分析)

    - TAN(全酸価)の分析

    - 導電性

分析パッケージ

どのテストが必要かの判断をしやすくするために、当社で最も需要があるテストを含む、以下の分析パッケージを用意しました。一連の分析をお客様に合わせて行う必要がありますか?当社はお客様それぞれに合わせたソリューションも提供しています、  いつでもご連絡ください。必要に応じて、個別のテストも可能です。ご希望であれば、お見積りを作成いたします。

業界別のオイル分析パッケージ

また、同じくご要望の多かったテストを含めた、以下の業界別分析パッケージを用意しています。

    • 製紙工場向け状態モニタリングパッケージ

      推奨油圧作動液:パルプ&ペーパー用途の鉱物性潤滑油

      推奨サンプリング頻度:毎月

       

      - 顕微鏡によるコンタミネーション分析

      - 粒子分布測定

      - 含水量

      - 40 °Cでの粘度

      - ICP分析(元素分析)

      - PQインデックス(大きい鉄粉)

      - 導電性

    • 耐火性フルードのためのフルードケアパッケージ1

      推奨油圧作動液:エステル系フルード(耐火性フルード)

      推奨サンプリング頻度:6ヶ月毎

       

      - 顕微鏡によるコンタミネーション分析

      - 粒子分布測定

      - 含水量

      - 40 °Cでの粘度

      - ICP分析(元素分析)

      - 抵抗率

      - 塩素含有量

      - エア抜け特性

      - 総金属含有量

      - TAN(全酸価)

    • ガスコンプレッサーオイル用の分析パッケージ 1

      推奨油圧作動液:ガスコンプレッサー用途の鉱物性潤滑油。

      推奨サンプリング頻度:6ヶ月毎

       

      - 顕微鏡によるコンタミネーション分析

      - 粒子分布測定

      - 含水量

      - 40 °Cと100 °Cでの粘度

      - MPC(バーニッシュ潜在性測定)

      - エア抜け特性

      - ICP分析(元素分析)

      - RULER(酸化防止剤の配合割合の特定)

    • ディーゼルケアパッケージ 1

      推奨油圧作動液:ディーゼル

      推奨サンプリング頻度:6ヶ月毎

       

      - 外観

      - 密度

      - 含水量

      - 蒸留

      - セタン指数

      - CFPP

      - 総コンタミネーション量(粒子分析)

      - 微生物による汚染

    • スラスタ用状態監視パッケージ

      推奨油圧作動液:スラスタ用途の鉱物系潤滑油

      - 顕微鏡によるコンタミネーション分析

      - 粒子分布測定

      - 含水量

      - 40 °Cでの粘度

      - PQインデックス(大きい鉄粉)

      - ICP分析(元素分析)

      - 導電性

      - TAN(全酸価)

    • 耐火性フルードのためのフルードケアパッケージ2

      推奨油圧作動液:エステル系フルード(耐火性フルード)

      推奨サンプリング頻度:毎月

       

      - 顕微鏡によるコンタミネーション分析

      - 粒子分布測定

      - 含水量

      - ICP分析(元素分析)

      - 導電性

      - 総金属含有量

      - TAN(全酸価)

       

       

       

    • ガスコンプレッサーオイル用の分析パッケージ 2

      推奨油圧作動液:ガスコンプレッサー用途の鉱物性潤滑油。

      推奨サンプリング頻度:3ヶ月毎

       

      - 顕微鏡によるコンタミネーション分析

      - 粒子分布測定

      - 含水量

      - MPC(バーニッシュ潜在性測定)

      - ICP分析(元素分析)

       

       

    • ディーゼルケアパッケージ 2

      推奨油圧作動液:ディーゼル

      推奨サンプリング頻度:毎月

       

      - 外観

      - 含水量

      - 総コンタミネーション量 (粒子分析)

      - 微生物による汚染